ABOUT | 瀬戸酒造店

ABOUT

再始動

瀬戸酒造店は、慶応元年(1865 年)創業。神奈川県開成町の酒蔵です。
1980 年に自家醸造を中断していましたが、2018 年から醸造を再開しました。
私たちを再始動へと突き動かしたのは、開成町の美しい田園風景です。
四季折々の表情を見せてくれる田んぼ、水路のせせらぎ、茅葺き屋根の古民家…。
人の心をほぐすこの風景から生まれる酒は、どんな味だろう。
そんな想いから、酒蔵再建ののろしは上がりました


日本酒のよろこびを広げたい

開成町の美しい自然や豊かな資源を活かし、
伝統文化である醸造技術を駆使した日本酒で、飲んだ人を楽しく幸せにしたい。
日本酒の美味しさ、楽しみ方、豊かさを、たくさんの人に広げたい。
その想いを形にするために、瀬戸酒造店の酒造りは4 つのことにこだわります。

●全量小仕込みで丁寧な造り
●丹沢山水系の深層地下水を仕込み水に使用
●和釜の蒸気理論の甑による蒸米技術
●箱麹法による丁寧な製麹


酒と発酵を、町のチカラに。

日本酒と、その醸造に欠かせない発酵は、
地域の気候風土と密接に結びついた豊かな食文化の象徴です。
私たちは、開成町ならではの日本酒と発酵の魅力を探求し、提案・発信することで、
開成町の地域のチカラを高めるお手伝いをしたいと考えています。